【13(サーティーン)】見逃し配信・無料動画まとめました(オトナの土ドラ)

13

英BBCの大人気サスペンスドラマ「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」のリメイクで、13歳の時に行方不明となった少女・百合亜が、13年後に突如家族の元に戻ってきたことで、止まっていた歯車が動き出し人々の運命を変えていくというサスペンス。

家族それぞれのストーリー、そして人への愛情描写も丁寧に描きながらも、全4話という短いタームで完結することあって、スピーディーかつ一話一話が濃く、厚い内容で引き込まれます。

しお
私の評価:
見るべきおすすめドラマです。

シリアスな内容ですが、複雑で他のドラマでは見ないようなストーリーに新鮮さを感じます。

百合亜が何を考えているのかわからない、犯人の目的は何なのか、結末はどうなるのか等・・・謎が多く、先がわからないので、展開を予想しながら見れるのがおもしろかったです。最終回でやっと全ての謎が解け、感動シーンもあり、良いドラマでした。

主人公・百合亜役の桜庭ななみさんは明るいイメージが強かったですが、この作品では影を感じるような表情に引き込まれました。難しい役柄だったと思いますが、目が離せないような演技をされていました。

一樹役の藤森慎吾さんは今までのイメージが一変するほど、見ていてゾッとするような役柄を見事に演じています。新境地を開拓したかと思えるほどの怪演でした。

しお
『13(サーティーン)』を無料で視聴できる動画配信サービスを中心にお届けします。

『13(サーティーン)』の動画を全話無料で視聴する方法

『13(サーティーン)』が見れるのは〔 FODプレミアム 〕だけ!

『13(サーティーン)』はFODプレミアムの独占配信ドラマです。FODプレミアムは 2週間 の無料期間内に解約すればタダで見ることができます。

\登録はカンタン♪わずか3分/

無料視聴をはじめる

解約はWEB上で簡単にできます

『13(サーティーン)』の見逃し配信・無料動画まとめ

最新話(第4話)を見逃し配信している無料サービス一覧

TVerやGYAO!などの無料配信は2020年08月30日に終了しました。

しお
無料で見たい人は動画配信サービスのおためし期間を利用するとタダで見れますよ。

TVerやGYAO!などの無料配信サービスは最新話だけなので、見逃してしまった過去回を見ることはできません。

そこで『13(サーティーン)』の第1話から全話を無料で視聴するには動画配信サービスの<無料お試し期間>を利用します。

しお
おためし期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

『13(サーティーン)』の動画配信サービス一覧

各動画配信サービスの『13(サーティーン)』の配信状況をまとめました。

配信サービス 配信状況 無料期間 料金(税込)
FODプレミアム
見放題
2週間 976円
Hulu ×
Paravi ×
TELASA ×
U-NEXT ×
Netflix ×
dTV ×

配信情報は 2020年8月25日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

『13(サーティーン)』全話視聴にベスト動画配信サービス

FODプレミアム
無料期間配信形態月額料金(税込)
2週間 見放題 976円
しお
しお
2020年11月29日の時点で『13(サーティーン)』を配信しているのはFODプレミアムだけです。

FODプレミアムがベストな理由

  1. 無料期間が 2週間
  2. フジテレビの番組に圧倒的な強さ
  3. オリジナルドラマも豊富
  4. 毎月 100ポイント (総計1,200ポイント)もらえる(マンガ購入やレンタルに)
  5. 漫画や小説も17万冊以上配信されている
  6. 120誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題

FODで無料視聴する

『13(サーティーン)』のあらすじと感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

第1話
生還と軋轢

放送日:2020.8.1
見逃し配信

『13(サーティーン)』第1話の見逃し配信は、2020年08月08日に配信終了しました。

  • TVer

第1話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

憔悴したうつろな表情で、フラフラと道路を歩く若い女性...。着古したボロボロの衣服で、手首には鎖のちぎれた手錠...。「...ずっと、監禁されていました」彼女は13年前、13歳の時から行方不明となっていた相川百合亜(桜庭ななみ)だった。

連絡を受け二人の刑事、永井敏彦(青柳翔)と田辺佐緒里(遊井亮子)が事情聴取を始める。しかし百合亜は、過去を思い出すうちにパニック状態となってしまう。警察は聴取を断念し、百合亜が平静を取り戻せるよう、家族のもとに戻すことを決める。

一方、相川家では、百合亜無事発見の知らせを受け、母・麻美(板谷由夏)と妹の千帆(石川瑠華)が落ち着かない表情で警察からの迎えを待っていた。そこへ父・宗一(神保悟志)がやってくる。百合亜が行方不明となって以降、相川家はそれぞれがすれ違いを繰り返し、宗一は別居状態で家を出ていたのだった。

麻美は百合亜に安心して家で過ごせるよう、かつてのように仲が良かった家族を演じてほしいと提案する。ため息をついて渋々承諾する宗一、その様子を冷めた態度で見る千帆。

百合亜の帰宅はたちまちニュースになり、世間の注目を集める。数日後、永井と佐緒里が改めて百合亜に事情聴取をするために相川家を訪れた。しかし犯人の名前も言わず、監禁場所も覚えていないと繰り返す百合亜。

いったい彼女はどんな13年間を過ごしてきたのか…。

「あの子、絶対に何かを隠している」

佐緒里はそう言い切るが、永井は百合亜の本心を測りかねていた。そんな折、隣の町で一人の少女が行方不明になったという情報が入り……。

百合亜が心の奥底に秘めた思いとは?第二の事件を起こしたのはいったい誰なのか?謎が謎を呼ぶ衝撃のクライムサスペンス、開幕!

番組HPより引用

感想

満足度 4.0

ひーちゃんさん(女性/20代)

期待以上に面白かったです。もし自分が13年間監禁されていたらと考えると、家族に馴染めなかったり警察や記者から逃げたりと、人格が変わってもおかしくないと思います。警察に監禁について聞かれた時、犯人への恐怖から息切れしていたのかと思っていましたが、監禁部屋の写真では恋人関係だった事が発覚し、予想しなかった展開に驚かされました。百合亜の家族もすれ違っていましたが、それぞれの辛さが痛いほど伝わってきて今後どう変化していくのか気になる所です。まだまだ全体的に謎が多いので、続きが待ち遠しいです。

満足度 4.0

のぞふぃすさん(女性/40代)

相川百合亜(桜庭ななみ)の存在感に惹きつけられました。そして、百合亜と家族の対面シーンやその後の家での生活が、すごくリアルだなと感じました。皆戸惑っている中で、一生懸命に普通に対応しようとしている母、麻美の姿に深い愛情を感じました。そして家族のそれぞれの気持ちを無視して、押しかけるマスコミや家族を追い詰める警察の捜査など、見ていてすごく辛くなるシーンがばかりだなと感じました。これから、バラバラになった家族がまた1つになれるときが来るのかがすごく楽しみです。

満足度 3.0

サトリナさん(女性/50代)

中学生の時に誘拐された娘が、13年ぶりに発見され、自宅に戻ってきた時、家族の対応がよそよそしく感じ、13年という月日の重さを感じました。妹からしてみれは、幼いときに別れて以来の再会なので、姉という感覚がなくなっている気がしました。両親が、姉が誘拐されたとこで、姉の心配ばかりしていた事が、妹にとっては心の闇になっているのかなと思いました。自宅に戻った百合亜も家族の変化に気付いていたと思うし、自分の居場所がなくなっていると感じていると思いました。

満足度 5.0

なおなさん(女性/30代)

はじめは誘拐されて13年後に戻ってくるという内容がとても悲しいものであると思っていました。誘拐されてから戻ってきた百合亜の表情は暗くて身体中にあるあざも痛々しく見ていてとても辛かったです。しかし、物語が進んで誘拐犯と仲の良さそうな写真を見ると百合亜は幸せだったのではないかと思う場面もありました。百合亜役の桜庭ななみちゃんの演技が上手で以前出ていたドラマとのギャップがありこれからどんな表情を見せてくれるのか楽しみです。本当に幸せだったのか、百合亜は誘拐犯に洗脳されていたのかなどいろいろ考えてしまって次回がとても気になります。

満足度 3.0

さぁやさん(女性/30代)

とても緊張感ある内容でドキドキしました。13年も監禁されていたら本当にいろんなことが変わっていてついていけないだろうなと思います。私も息子ですが子どもがいるので、我が子が同じようなことになったらどう対応できるだろう、と考えてしまいました。お母さんはいろいろ百合亜ちゃんのために考えていてケーキを作ったりすごいと思います。ミステリアスなところもあり、次も気になるところではありますが百合亜ちゃんも家族もかわいそうで見るのがつらくなるドラマだなも感じました。

満足度 5.0

uniさん(男性/50代)

裸足で監禁先から逃げたと思われる相川百合亜が、体中に傷跡等があり見ていて痛々しく、犯人の事を刑事の永井から聞かれて苦しみ出す等、かなり怖い目にあったのだろうと推測されて正直怖い話のドラマに感じました。妹の千帆が百合亜をまるで他人の様に接していたのも、これは辛いなァと個人的に感じてしまい百合亜は助かったけれども、まだ本当の意味では救われていないなとも感じました。日置渉に百合亜が見せた笑顔だけは今回の救いに思われて、彼女がここからどう立ち直るのかも見てみたいと思った1話でした。

第2話
隔絶と恋慕

放送日:2020.8.8
見逃し配信

『13(サーティーン)』第2話の見逃し配信は、2020年08月15日に配信終了しました。

  • TVer

第2話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

一樹(藤森慎吾)の自宅から白骨死体が発見された。DNA鑑定により弟の優樹(大窪人衛)の可能性が高いことが分かり、焦る永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は改めて百合亜(桜庭ななみ)に一樹の居場所を聞く。しかしどんな問いかけにも、「分かりません」の一点張り。聴取の進展が見られないことも含め、次第に世間では百合亜を誹謗中傷するネット記事も出回るようになっていた。

そのころ、相川家に不審な配達員から百合亜宛ての封書が届いた。麻美(板谷由夏)と千帆(石川瑠華)はその内容に凍りつく。慌てて警察に届けるが、永井と佐緒里は、封書は一樹が直接届けに来たと直感し、一樹がまだ近くに潜伏している可能性が高いと警戒を強める。

その後の捜査で、百合亜と一樹が一緒に映っている3年前の防犯カメラの映像が見つかった。これまでの百合亜の態度とは違い、恋人同士のように親密な姿が映り永井はショックを受ける。佐緒里は百合亜に一樹との仲を追及、厳しく取り調べをするが、百合亜は取り乱し暴れてしまう。永井はそんな百合亜を抱きしめ、「僕は君の味方だ」とささやくと、百合亜は泣き濡れた目で永井を見つめる。

そのころ、一樹の自宅から血痕が付いた斧が見つかった。斧の柄の部分には、なんと百合亜の血痕が付着していた。優樹は百合亜が殺害したのか?そして一樹との関係は?

かたくなに口を割ろうとしない百合亜のもとに、ある人物が「真実を打ち明けたい」とやってくる…。

番組HPより引用

感想

満足度 4.0

レイミさん(女性/40代)

次々に犯罪に手を染める一樹の、家族関係がすごく気になる展開でした。百合亜が思い出した記憶と床下の白骨死体から推測すると、一樹が弟を殺めたのかなと想像できましたが、そうなった経緯がとても気になりました。お母さんのこと、引き篭もりの弟のことが、誘拐事件を起こす、きっかけになったのかもしれないなと感じました。百合亜の思いはもちろんですが一樹が誘拐犯として、この13年間何を考えて生きてきたのかも、少し知りたいなと思いました。

満足度 5.0

ぐっつさん(男性/50代)

凄く面白かったです。ドラマ全体を包み込む、なんとも言えずミステリアスでダークなムードや世界観が非常に興味深く、丁寧に作りこまれた、謎が謎を呼ぶようなストーリー展開と、登場人物の心の奥底を抉り出すような演出と相俟って、描き出されるドラマの世界にラストシーンに至るまでどっぷりと浸ることができました。そうしたドラマ空間の中で出演者全員が演出の意図を良く理解した好演を見せてくれたと思いますが、中でも、秘密を抱えながら心を閉ざす主人公・百合亜に扮した桜庭ななみのどこか冷たさを湛えた演技が印象的でした。

満足度 4.0

りなしさん(女性/40代)

今まで家族との間に会話もなかった百合亜が少しずつ心を取り戻してきた感じでしたね。やっぱりそのきっかけを作ってくれたのは渉だったんでしょうね。公園のベンチで渉と話す姿を見て百合亜ってこう言う子だったんだと少しずつ見えてきました。やっぱり百合亜にしたら時が13年前に戻ったんでしょうね。でも渉にはミサと言う婚約者がすでにいて。百合亜の時間はずっと13年前から止まったままだけど渉は進んでいた訳でその時間差が百合亜を今後も苦しめて行きそうですね。

満足度 4.0

ちゃろさん(男性/30代)

冒頭から父親と母親がヒステリックにケンカをしていて気持ち悪いなあと思えました。ささいなけんかはしかたないんでしょうが娘がそばにいるのにすごい環境だなあとちょっとびっくりして見応えがありました。誕生日パーティーの空気感が微妙な感じでギスギスしているのが観ていて不思議な感じがありました。今回は男女の刑事側からの視点で捜査や聴取が行われていって少しずつですが事件の糸口が見えてきて新鮮でした。男性刑事が何げに見抜きつつあって今後の切り口が気になりました。

満足度 3.0

T.Ryさん(男性/30代)

渉の彼女がとても嫌な感じの役だったので少し気になってしまいました。百合亜の前であんな感じで自分が彼女だということを誇示したくてもいいではありませんか。すごく悲しい気持ちになりました。それを見ていた妹が百合亜に同情してくれて一緒にケーキをばか食いしてくれたシーンはとても美しかったです。初めは妹のことが嫌な奴だったので嫌いでしたが、今はちょっといい奴に見えてきて少し好きになってきました。百合亜を支えてあげてほしいです。

満足度 5.0

Jinさん(男性/50代)

百合亜が26歳の誕生日を迎えて、日置渉とミサが結婚すると聞き、その後やけ気味にケーキを鷲づかみして食べたシーンで、今一つ心を開かなかった妹の千帆が百合亜と同じようにケーキを食べ始めて笑顔を見せた姿に心の距離が縮まったんだなァと感じられましたし、千帆も百合亜と本当は仲直りしたかったんだなとも伺えて、個人的に今回一番印象に残ったシーンでした。また、ゆうという新たなキャラクターの存在がクローズアップされましたが、発見された白骨がゆうのモノかどうかも気になった回でした。

第3話
秘密と告白

放送日:2020.8.15
見逃し配信

『13(サーティーン)』第3話の見逃し配信は、2020年08月22日に配信終了しました。

  • TVer

第3話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

警察に一樹(藤森慎吾)から直接電話がかかってきた。誘拐した少女の解放条件として、百合亜(桜庭ななみ)と2人きりで会うことを提示する。永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は不本意ながら百合亜に協力を求めるが、麻美(板谷由夏)は「犯人に再び会わせることはできない」と声を荒らげる。しかし百合亜は心の中で、少女を救うために一樹に会う決意を固めていた。

翌朝、警察とともに一樹から指定されたショッピングモールに向かう前に、百合亜は渉(井上祐貴)のもとを訪れる。後ろめたい思いを抱える渉に対し、百合亜は「次に会ったときは笑ってよ」と笑顔で伝える。その様子に、渉は再び百合亜がどこか遠くへ行ってしまうような雰囲気を感じていた。

いよいよ予定の時刻が近づく。百合亜にGPSを渡した永井は、前夜の取り調べで百合亜を少しでも疑ってしまったことを謝る。それに対し百合亜はきっぱりとした表情で答える。「刑事さんは自分の仕事をしただけ。私も、自分のやるべきことをやる」

指定の場所に1人で向かう百合亜。永井、佐緒里ら刑事は遠巻きに百合亜を囲み、万全の態勢を敷いていたが、ふとしたアクシデントで百合亜が警察のモニターの死角に入ってしまう。慌てて永井が現場に駆け付けるが、そこには誰もいなかった。

番組HPより引用

感想

満足度 5.0

のぞてぃさん(女性/30代)

相変わらず警察の対応が威圧的で怖いです。百合亜さんを取り調べし続けるよりも警察も犯人はすでに明確なのでそちらを探すことを優先すべきじゃないかと思います。そして今回はお母さんの衝撃的な告白があり、びっくりしました。まさか不倫していたとは…。そして一緒に暮らしていた勇樹くんがあんな残虐な殺され方をしていて悲しいです。誕生日に出掛けた2人はやはり恋人みたいに見えたので本当は一樹のことを監禁される中で信じていたんじゃないかなと感じました。でもそれは長年の監禁生活では仕方ないことだと思います。責められるべきは誘拐した犯人です。まだまだ百合亜の本音は見えづらいです。百合亜へのお母さんの愛が届くといいなと思います。

満足度 4.0

くにょんさん(女性/30代)

百合亜が警察に何も話さないことが今まで不思議でしたが、母親の秘密を知って納得しました。百合亜なりに家族のことを守ろうとしてたのだと感じました。優樹については全てが本当のことなのか、まだ完全には信じられないなと思いました。一樹が百合亜の自宅に郵便物を直接届けに来たり、堂々と警察に電話を掛けてきたのは驚きました。普通の感覚では理解できない行動をするので、まだ百合亜が言えていない出来事があるのではないかと感じました。一樹の目的が一体何なのか気になります。

満足度 5.0

サイガーさん(男性/40代)

母麻美が百合亜の学校の先生と付き合っていたとは驚きてました。てっきり父宗一が女を作ってしまい相川家は崩壊の道に進んだと思っていたら実は先に麻美のほうが家族を裏切っていたんですね。その事宗一は知っていたのかな。少なくとも百合亜は知っていたので薄々気づいていたのかも。また警察に何故先生の所に行ったと聞かれ黙っていたけどこう言う事だったんですね。マスコミとかに援交なんて叩かれていたけど実は麻美をかばっていたんですね。それと監禁生活の中での一樹と優樹、百合亜の関係についても今まで黙っていたけど床下から出てきた白骨は優樹だったんですね。それも一樹に脅されながら百合亜が最後のトドメをさしてしまったのには一樹の狂暴さが伺い知れましたね。

満足度 5.0

ナオさん(男性/50代)

相川百合亜がそもそも黒川一樹に誘拐された原因が、母親の麻美と担任教師だった岸秀和との不倫に気付いた百合亜が、ソレを止めてもらおうと岸の所へ行ったのがきっかけと分かり、麻美が以前から何だかソワソワしていたのが気になっていましたので、娘が自分のせいで誘拐されたと今まで13年間も苦しんできたのだろうと思われ、麻美の抱えた秘密と葛藤が判明した今回のエピソードにアレコレ考えながら見てしまいました。そんな麻美と百合亜と家族達が果たして幸せを取り戻せるのかも次回注目しながら見たいと思った3話でした。

満足度 5.0

おかもらさん(男性/60代)

田辺は3年前に百合亜が一樹といる防犯カメラ画像を見つけ、7分間、一人になった百合亜は助けも求めず、一樹に誕生日祝いを貰っていた。一樹が好きだったのかと百合亜が問われると、誰も助けに来てくれない、傍にいる人をどうして好きになってはいけないのかと百合亜が動揺したのは家族に裏切られた百合亜の苦悩が現れていたと思う。ところが、黒川の部屋から斧がみつかり、百合亜の血痕が出る。上司は百合亜が殺人犯だと決めつけて、百合亜が可哀そうだ。すると麻美が警察に来て百合亜が麻美と岸との関係を知って岸に麻美と別れてと言いたくて道端に座っていたら一樹が来たと判る。百合亜は麻美の不倫を知り完全に親不信になったようだ。百合亜は一樹の弟だけが優しくしてくれたと言う。しかし百合亜は逃げようとしたら一樹に見つかったと言う。一樹は弟と百合亜の関係を疑い弟を殺すと言ったようだ。精神が異常だ。弟をころせ、出来ないなら百合亜を殺すと一樹に言われ、ためらっていたら、弟が斧を自分のクビにあてたと言う。事実なら弟は自殺であり、百合亜に罪はない筈だと思う。或いは、はずみで斧が凶器になったのなら百合亜を、そこまで追い込んだ一樹の罪は深い。

満足度 5.0

みーちゃんさん(女性/50代)

13年前、誘拐された時のことや、監禁されていた時の一樹の弟のゆうくんとの関係やゆうくんの目を盗んで逃げようとした際に一樹に見つかり、その事でゆうくんが暴力を受け、一瀬からゆうくんを殺すように斧を持たされた百合亜の気持ちを考えると想像できないくらいの心情だったと思いました。また、ゆうくんが百合亜が持っている斧を自分の首に引き寄せ亡くなってしまったことが、百合亜にとって恐怖でしかなかったと思いました。百合亜は、自分を守る為に一樹の言いなりになるしかないと思っていた時期が続いていたと思いました。

第4話
過去と未来

放送日:2020.8.22
見逃し配信

『13(サーティーン)』第4話の見逃し配信は、2020年08月30日に配信終了しました。

  • TVer

第4話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

警察に一樹(藤森慎吾)から直接電話がかかってきた。誘拐した少女の解放条件として、百合亜(桜庭ななみ)と2人きりで会うことを提示する。永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は不本意ながら百合亜に協力を求めるが、麻美(板谷由夏)は「犯人に再び会わせることはできない」と声を荒らげる。しかし百合亜は心の中で、少女を救うために一樹に会う決意を固めていた。

翌朝、警察とともに一樹から指定されたショッピングモールに向かう前に、百合亜は渉(井上祐貴)のもとを訪れる。後ろめたい思いを抱える渉に対し、百合亜は「次に会ったときは笑ってよ」と笑顔で伝える。その様子に、渉は再び百合亜がどこか遠くへ行ってしまうような雰囲気を感じていた。

いよいよ予定の時刻が近づく。百合亜にGPSを渡した永井は、前夜の取り調べで百合亜を少しでも疑ってしまったことを謝る。それに対し百合亜はきっぱりとした表情で答える。「刑事さんは自分の仕事をしただけ。私も、自分のやるべきことをやる」―――

指定の場所に1人で向かう百合亜。永井、佐緒里ら刑事は遠巻きに百合亜を囲み、万全の態勢を敷いていたが、ふとしたアクシデントで百合亜が警察のモニターの死角に入ってしまう。慌てて永井が現場に駆け付けるが、そこには誰もいなかった。

果たして百合亜の運命は?そして相川家の行く末は?ラストまで目が離せない、緊張と感動の最終話!

番組HPより引用

感想

満足度 5.0

Sさん(男性/50代)

永井が黒川から百合亜を電話に出せと言われた時の百合亜の気持ちはどんなものだったのだろうかと考えながら見ました。麗花という小学生の女の子を救う為に会う決断をした百合亜に、この娘は強いなァと感心してしまいましたし、自分だったら誘拐犯の黒川の顔なんて怖いし二度と見たくないと思いましたので、かなり勇気のいる行動に感じてドキドキしながら見てしまいました。練炭での自殺を強要されながらも負けずに逃げおおせた百合亜がラストで27歳の誕生祝いを家族にしてもらい、ニッコリと笑っていた姿を見て、見ているコチラも何だか元気を貰った様な気がした感動的な最終回でした。

満足度 5.0

ハルカスさん(男性/40代)

百合亜が一樹の要求を受け入れてよくもう1度会ったと思いましたね。もちろんこれには百合亜が一樹と会ってくれるなら誘拐した少女を解放すると言う条件付きだったのだけども百合亜にしたら相当苦しい決断を強い入れられましたね。少女は助けたいでも一樹とも会いたくないと。結局百合亜は一樹と会い少女は解放されたけど百合亜がまた連れ去られると言う何やってんだよ警察はって思っちゃいましたよ。ただ連れ去られても百合亜の気持ちがまた家族の元に帰るんだと言うしっかりしたものがあったので良かった。何度も一樹の隙を見ては逃げ出そうと試みる姿になんとか逃げろって思いでずっと見てました。最後建物から脱出して家族と抱き合う姿は印象的でしたね。

満足度 5.0

REKさん(男性/40代)

相川百合亜さんをあそこまで追い詰めてしまう世の中のシステムはだめですよね。犯人の黒川一樹は警察署に自ら電話をかけてきて、人質をもって要求をする、それが叶ってしまうのは、所轄の問題にしてはならない問題で、警視庁捜査一課の問題では。黒川が倒れた後、ようやくやって来た警察車両、本庁からなのか、遅すぎる印象です。百合亜につらく当たるネットでの投稿の多さ、その影響を警察が受けてしまっているかのような印象です。問題作の度合いは、「大人の土ドラ」の枠を超えていると言っていいのでは。

満足度 4.0

えり姉さん(女性/30代)

犯人の執着が強くて、よく百合亜は13年も一樹の前では頑張って好意的な態度を取ってきたなと思いました。何度も逃げようとしては捕まり、今回はさらに女の子の救出の為に自ら犯人所に行っては捕まり、それでも諦めたり絶望せずに、立ち向かう態度、強くすぎます。それにしても散々偉そうな態度の女性警官は全く仕事が出来ずにこんな危険な目にさらしてと怒りが湧いてしまいましたが、最後の百合亜の良い思い出が心の支えというシーンで私自身も前向きになれました。もっと長くやって欲しかった。そして桜庭ななみさんの演技がその週ごとの百合亜の気持ちを掴み、一話と4話で全くの別人のようで上手だなぁと感心しました。

満足度 5.0

みかこしさん(女性/50代)

黒川が警察に電話して、百合亜と話しをさせるように要求していたことに驚きでした。自分は捕まらないってふんでたと思うし、どうしても百合亜を取り戻したいという強い気持ちの表れかなと思いました。拉致された少女を救うために、黒川とあうことにした百合亜だけど、黒川と心中する覚悟であったのかなって思いました。黒川の自宅に連れていかれた百合亜が拳銃を向けたときの黒川の変貌が怖かったです。黒川が百合亜と一緒に練炭自殺を計画していたことに驚きましたが、百合亜が逃げ出すことができて本当に嬉しかったです。百合亜には幸せになって欲しいと思いました。

満足度 4.0

たかぢるさん(女性/30代)

誘拐された少女のために、一樹に会うことを自ら決意した百合亜の勇気に感心しました。百合亜が再び姿を消してしまったときに、百合亜の父親が警察を責めてしまう気持ちは理解できました。百合亜だって長期間に渡って傷つけられてきたのに、警察から度を越えた事情聴取を受けるのは辛かったと思います。理不尽さを感じてやるせない気持ちになりました。一樹が死を選んだときは焦りましたが、百合亜が逃げ出すことができて良かったです。家族と楽しそうに過ごしていたラストシーンは心が温まりました。

『13(サーティーン)』の番組情報

『13(サーティーン)』ってどんなストーリー?

主人公・百合亜は13歳で誘拐され、13年後に生還するものの、家族はバラバラでそこに彼女の居場所はなくなっています。見た目は26歳だけど精神はまるで13から止まっているかのよう。

前半はほとんどセリフがなく、微妙な表情の変化や動き、空気感で感情を伝える難度の高い演技が求められる百合亜を桜庭ななみさんが演じています。

そんなとらえどころのない百合亜の二転三転する証言に、捜査を進める担当刑事たちも疑問を抱いているところ、第二の事件が発生する…というサスペンス。

犯人・黒川一樹役の藤森慎吾さんにも要注目。彼はチャラ男というイメージがありますが、「13」では、ひとりの女性への歪んだ“好き”という思いが恐怖を煽り、視聴者に嫌悪感や苛立ちを与える怪演ぶり。

全4話という短いタームなので、1話1話がとても濃くて引き込まれます。

『13(サーティーン)』の放送情報

放送局 放送時間 放送開始日
フジテレビ系 土 23:40 2020年8月1日

『13(サーティーン)』のスタッフ情報

【原作】
「Thirteen」
Based on the original BBC Series “Thirteen”, written by Marnie Dickens.
【企画】
市野直親
【音楽】
吉川慶
【主題歌】
LiSA「愛錠」
【演出】
水田成英
【協力プロデューサー】
松本圭右
【プロデュース】
遠山圭介、浅野澄美
【制作】
東海テレビ、FCC
【番組HP】
https://www.tokai-tv.com/13/
【公式SNS】
  • Instagram

『13(サーティーン)』のキャスト一覧

相川百合亜:桜庭ななみ
13年前に行方不明になり、突然家族のもとに帰ってきた女性。家族でさえ、13年間離れていた彼女の真実の姿を見失い、翻弄される。
永井敏彦:青柳翔
百合亜を担当する刑事。犯罪を憎む情熱的な刑事であるが、他に頼る人間のいない百合亜の取り調べを進めるうち、職務を離れて百合亜の不思議な魅力に惹かれていってしまう。
田辺佐緒里:遊井亮子
永井とタッグを組む先輩刑事。気が強いうえ率直で口が悪く、時に部下に強く当たることも。刑事としては優秀で、常に物事の裏を読もうとする。
相川宗一:神保悟志
百合亜の父。事件をきっかけに妻と不仲になった上、会社の部下と不倫し、5年前から別居している。
相川麻美:板谷由夏
百合亜の母。百合亜を思い、やっきになるあまり、夫とは責任のなすりつけあいになり、もう一人の娘である千帆からは恨まれ、家族の中で孤立している。
相川千帆:石川瑠華
百合亜の妹。家族全員の関心がいなくなった姉に注がれ、自分は放っておかれたという恨みを持っている。
日置歩:井上祐貴
百合亜の失踪当時の恋人。ジュースショップを経営している。百合亜が失踪後、ずっとそばにいてくれた同級生の女性と同棲し、現在婚約中。
松岡ミサ:高月彩良
日置の同級生で婚約者。
黒川一樹:藤森慎吾
百合亜の誘拐犯。母親からネグレクトされていたため、愛情に飢えている。

大人の土ドラ

放送期 作品名
2020年 13(サーティーン)
ミラー・ツインズ Season2
犯罪症候群 Season2
隕石家族
パパがも一度恋をした
悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜
2019年
リカ
それぞれの断崖
仮面同窓会
ミラー・ツインズ Season1
絶対正義

-2020年夏, クールドラマ
-, , ,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie